読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お腹に意識を向けること

今日は、家の近所のヨガ教室に体験レッスンへ。

昨日時点で申し込みがゼロだったので、人気がない先生なのかなと思って悩んでいたが、行って正解。

先日の養成講座の指導者から学んだ先生とのこと。

ヨガのコースも自分にしっくりくるもので、居心地がとてもよかった。

ここは、家からも自転車で10分以内なので、気軽に通えそうだ。

そのヨガ教室で教えてもらったこと。

それは「お腹」に意識を向けること。

お腹が強いと、高齢出産にも強いという。

お腹が弱いと、頭でいろいろ考えてしまって、心の病気になりやすい傾向にある。

腹が据わるという言葉があるように、肝っ玉母ちゃんという言葉があるように、おなかが強いことは大切なのだという。

その話を聞きながら、ヨガの最後のシャバアサナの時に、いつも頭でいろんなことを考えるのだけれども、意識しておなかに意識を向けてみた。

すると。。。。。びっくりした!

頭で余計なことを考えない自分がいた。

お腹に意識を集中させることで、身体を感じることができた。

これは驚きだ!!!!

新しい発見。

ついつい頭でっかちになりがちな私。

頭ではなくお腹に意識を向けることで、体全体を感じる。

大切なことを学んだので、備忘録として。

 

自分と向き合うこと

3/16、ヨガの養成講座の説明会に参加した。

そこで、ヨガの先生に出会ってから、すべてがいい方向に進んでいる気がする。

翌、3/17に開催されたTIPS主催の毎プロジェクト説明会。

ここで自分自身についてアウトプットすることを通して、自分が無意識のうちに逃げていてことに気づかされる。

一番大きいのは、自分の口からふとその言葉が出たのだ。

ずっと転職するかどうかを悩んでいた。

そして、仕事とは違う部分での目標を定めようとしていた。

だけれども、大切なのは、『今の仕事で成果を出す』ことだ。

そのためには、今の仕事での目標設定が必要。

期限も必要だし、定量的な結果目標も必要、それに行動目標も必要。

まずは3ヶ月、目標を定めて目標達成のために、しっかり行動に移していくことが大切。

良い気付きを得られた。

ヨガの教室にも感謝、毎プロジェクトで気づかせてくれた先生にも感謝

全てに感謝して、前に進みます。

 

アクションを起こすことがきっかけに

ここ最近とても良い方向に物事が動いている感じがする。

きっかけは何かはわからないけど、アクションを起こしたことが一番大きいように感じる。

・TIPSが企画するイベントに参加(お祭りJAPAN+マイプロジェクト無料体験会)

・ヨガの講師養成のためのコースの説明会に参加

・その上で、ヨガ教室へ足を運ぶように

3月に入ってから、行動に移したこと。

動いてみることが見えてきたものがたくさんある。

行動したから続けるではなくて、行動してどう感じたか、今の自分に必要かを客観的に見て続けるかやめるを判断する必要がある。

けれども、たくさんの気づきをもらえたことは事実。

前向きに頑張ろう。

決別

そして、ここで一つ大きな決断をする時が来たのとふと感じた。

大切なあの人とさようならする時が来たように思う。

いつまでたっても成長できない、子供の私とおさらばするために。

 

その時が来た。

ここでの決断

10日に渡る旅から帰ってきました!

長い旅でしたがあっという間の10日間。

休む間も無く仕事という現実世界に引き戻される。

旅でもたくさんの気づきを得たけれども、帰ってきて、アウトプットすることを通して、気づくことの方が多いかもしれない。

結局あたしが言ってることは旅前旅後、どちらでも。何も変わらないんだということも、言われて初めて痛感した。

 

大切なのは、何を感じたかではなく、感じたことをどう日々の行動に移して行くかなのだ。

 

旅を通して、旅の本質に気づけた、じゃダメ。

それを踏まえて自分の中でどう行動に落とすかが大事なのだ。

 

今ここで何を決めるか、何を決断するか、が大事。

 

頭の中ぐちゃぐちゃ、

頭の整理が全く追いついていない。

 

だけれども、アウトプットの場を作ることが大切。

そのアウトプットありきでインプットがあるのだ。

ゴールを決めるとは、アウトプットの場所を決めるということだ。

 

月に一本の東京海上のニュースレターは、ちょうど良いアウトプットになる。

そこでのアウトプットに向けて、airbnbのゲストに

・日本でどこに行く/行ったか

・なぜそこを選んだのか

・どうやってその情報を入手したのか

・日本に関する情報を調べるとき、どうやって調べるのか

を最低でも聞いていこう。

それらを蓄積して行けば財産になるから。

 

海外に行ったのにそれかよ、と思われるかもしれないけれども、まずは初心に戻り、一つ一つ積み重ねていこう。

 

 

 

 

 

今をポジティブに捉える

昨日、会社の人から、前の環境(大手企業)に戻った方がいいんじゃない?っていうことを言われて悶々としてましたが、そのことを、とある人に伝えたところ、とてもポジティブな解釈の仕方を教えてもらって、元気が出たのでここで共有させていただきます。

 

その人は、一流の大学を出て、一流の企業に入り、ビジネススクールを出て、でも海外の会社(それもドイツ)に転職して働いている方。

 

少し境遇が似ていたこともあり、ストレートにこうぶつけてみました。

「○○さんは、なんで日本の一流と呼ばれる企業をやめてまで、××社に入ろうと思ったのですか?
なんで、また新しい会社に転職しようと思ったんですか?
日本を離れて、ドイツに行ってよかったって思いますか?」

と。

 

そしたらこう帰ってきました。

「うーん、海外で働いて見たかったから。で、とってくれる人がいい人そうだったからですね。あ、給料もよかったし。
まー、真面目に考えたら行けないです、無謀すぎて。最初は冷静に考えてて、行かない方がいいと思いましたから。

こっちに来て、全くもって思い通りではなかったし、会社はスキャンダル起こすし、散々でしたよ。先行きも不安が残ります。
それでも、あの時、決断してよかったと思ってます。こんな経験できる人、そうそういないでしょ?
なので、幸せです、わたし。^ ^」

と。

 

あー究極のポジティブって大切だなって実感。

過去の事実は変えられない。

転職した事実は変えられないけど、その解釈を変えることはできる。

あの時、あれを選択してよかったというプラスの解釈をすることはできる。

私に足りないのは、これだ、と思いました。

 

今「この場所」にいることを究極のポジティブに捉えた時、どういう選択肢をすることが私にとって一番いいのか。

 

今週末から行く旅行で、しっかり考えてきたいと思います。

2013年春に久々にひとりでドイツに行った。

その後、2014年から転職活動をして、2015年に転職を決意。

2017年2月の南米旅行を通して、何か一つでも、ポジティブな決断をしよう。

前は、旅行してから行動するまで、1年半

そして結果が実るまで、約2年かかった。

今回は、旅行先で決めて、すぐに行動に移そう。

半年、いや3ヶ月で行動に移そう。

そうすれば、もっと早くに「結果」という果実がついてくるはずだから。

 その果実をポジティブに捉えよう。

どんな選択をしようと、そんな選択をした自分を含めて「好き」になる。

 

ここ最近言われて悩んでること

最近いろんな人によく言われるのは、転職した方がいいんじゃない?と言う言葉。

 

何人の人に言われただろうか。

と言っても、2、3人なのだけれども。

ここに来たのは間違いだったのかな。

いや、間違いではないけれども、元の大手に戻った方が良いんじゃないかな。

そんなことを考えちゃう今日この頃。

 

一度決断したはずの気持ちに揺らいでいる。

やっぱり決断できていないんだなと気づく。

情けない〜。