読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

より良いアウトプットのためには、よいインプットをすること

読書録 考え方、価値観

先日、運命的な出会いをして購入した本があります。

原田マハさんの「本日はお日柄もよく」という本。

どこで出会ったかというを、丸ノ内線の電車の窓に貼っている正方形の広告です!(笑)

会社帰りに電車乗っているときに、ふと目にとまりました。

実はこの本、以前本屋さんで見たことがありましたが、その時はなんとなく興味を持つことができなくて、買いませんでした。

ところが今回広告を見て、当時気づかなかった新たな発見がありました。

それは、著者が「原田マハさん」だったこと。

実は、私彼女が書いた本で大好きな本が2冊あるんです。

それは「旅やおかえり」「さいはての彼女」

主人公が30代前後の女性であることから得られる共感のようなもの、またストーリーにぐっと引き寄せられる感じが好きなのです。

おそらく、以前本屋さんで見た時は、原田マハさんの本を読む前のことだったので、ピンとこなかったのでしょう。

 

広告を見て気になって、早速帰りに新宿のブックファーストで購入して読み始めました。

読書録は改めて書くとして、その本を通してとても心に響いた箇所があります。

それは「人の心を打つ良いスピーチをするためには、人の話を聞くこと」

グサッと胸に刺さりました。

私は、人の話を聞くのが苦手。

つい独りよがりになっちゃう。

「聞く」ということにフォーカスしないと、私自身成長がないんだなと、その言葉を通して実感しました。

アウトプットは最悪一人でもできる。

文章を書くことでも、タイピングすることでも、独り言でも。。。

けど、「聞く」は相手が必要。

人と一緒にいるときに、どれだけその人の考え方や価値観、傾向を知ることができるのか。

改めて大切なことに気が就くことができました。

明日早速、人と会う約束!

午後からだけど、しっかり人の話を聞きます。

集中して、相手の話に耳を傾ける。

そんな特訓をこれからやっていきます!