読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今をポジティブに捉える

昨日、会社の人から、前の環境(大手企業)に戻った方がいいんじゃない?っていうことを言われて悶々としてましたが、そのことを、とある人に伝えたところ、とてもポジティブな解釈の仕方を教えてもらって、元気が出たのでここで共有させていただきます。

 

その人は、一流の大学を出て、一流の企業に入り、ビジネススクールを出て、でも海外の会社(それもドイツ)に転職して働いている方。

 

少し境遇が似ていたこともあり、ストレートにこうぶつけてみました。

「○○さんは、なんで日本の一流と呼ばれる企業をやめてまで、××社に入ろうと思ったのですか?
なんで、また新しい会社に転職しようと思ったんですか?
日本を離れて、ドイツに行ってよかったって思いますか?」

と。

 

そしたらこう帰ってきました。

「うーん、海外で働いて見たかったから。で、とってくれる人がいい人そうだったからですね。あ、給料もよかったし。
まー、真面目に考えたら行けないです、無謀すぎて。最初は冷静に考えてて、行かない方がいいと思いましたから。

こっちに来て、全くもって思い通りではなかったし、会社はスキャンダル起こすし、散々でしたよ。先行きも不安が残ります。
それでも、あの時、決断してよかったと思ってます。こんな経験できる人、そうそういないでしょ?
なので、幸せです、わたし。^ ^」

と。

 

あー究極のポジティブって大切だなって実感。

過去の事実は変えられない。

転職した事実は変えられないけど、その解釈を変えることはできる。

あの時、あれを選択してよかったというプラスの解釈をすることはできる。

私に足りないのは、これだ、と思いました。

 

今「この場所」にいることを究極のポジティブに捉えた時、どういう選択肢をすることが私にとって一番いいのか。

 

今週末から行く旅行で、しっかり考えてきたいと思います。

2013年春に久々にひとりでドイツに行った。

その後、2014年から転職活動をして、2015年に転職を決意。

2017年2月の南米旅行を通して、何か一つでも、ポジティブな決断をしよう。

前は、旅行してから行動するまで、1年半

そして結果が実るまで、約2年かかった。

今回は、旅行先で決めて、すぐに行動に移そう。

半年、いや3ヶ月で行動に移そう。

そうすれば、もっと早くに「結果」という果実がついてくるはずだから。

 その果実をポジティブに捉えよう。

どんな選択をしようと、そんな選択をした自分を含めて「好き」になる。